[Windows8.1]BitLockerがエラーで有効にできない場合の解決法

BitLocker

Windows8.1でBitLockerが以下のエラーとなり暗号化できない場合の解決方法を紹介します。
(この記事は旧ブログからの転載となります。ホットな記事でないことはご容赦ください。)

「このコンピューターは、起動時のBitLocker回復パスワードの入力をサポートしていません。BitLockerを使用できるようにWindows回復機能を構成する方法については、管理者に問い合わせてください。」

対応手順

ローカルポリシーエディタを開く

ファイル名を指定して実行にて「gpedit.msc」を実行します。

ローカルポリエディタにて以下を開く

[コンピュータの構成]→[ポリシー]→[管理用テンプレート]→[Windowsコンポーネント] と選択し、[BitLockerで保護されているオペレーティングシステムドライブの回復方法を選択する]を開きます。

ポリシーの有効化

ラジオボタンにて【有効】を選択し
【データ回復エージェントを許可する】にチェックが入っていることを確認し
[適用]→[OK]をクリックします。

BitLockerにて暗号化を実行

再度、同様のエラーが出る場合もありますが、
いったんBitLockerの実行をキャンセルして再度実行すると問題なく実行できます。

おわりに

Windows8.1を顧客企業に展開している際に、かなりハマった事例になります。Windows10が主流の現在では、ほぼこの現象にお目にかかることはないと思いますが、誰かの役に立てばと思い紹介致しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました